いい広告を選べば、自信が生まれる

同じ状況、同じ仕事内容なのに、担当が変わっただけで仕事がうまくいく。そんな状況があります。もちろんその人それぞれがもっているポテンシャルの違いというものが結果に大きく作用しますが、広告にとっても同じことが言えます。

 

テレビ番組などを見ると、元気な人を見ればこちらも元気がでて、やる気がアップすることがあります。街角で明るい広告を見れば明るい気分になりますし、電車内の宙吊り広告などで悲しい広告などを見れば、なんだか悲しい気分いなるものです。同じ内容の広告でも、うまくいかないときはターゲットをもう一度精査し、切り口を変えた見せ方で広告を作り変えて見る、その結果、自信が生まれればポジティブな期待感も生まれ、最大限のパフォーマンスが生まれる結果となり、好循環が生まれていく。自分が持っているその広告が自分のスタイルにあっているかどうかという点をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

 


イメージをカタチに。
株式会社CHIHIRO GRAPHICS
お見積もり・お問い合わせはお気軽にどうぞ

 

流行に流されない広告

流行に流されないって 自分らしさですよね。こんな感じもいいな、いやあんな感じも…と悩んでしまうことも多いのではないでしょうか?広告作りにおいてもブレないでこれだけはという点を訴求していくことがブランディングに繋がっていくことにもなります。

●自身のサービスをもう一度見直す

●テーマカラーや方向性をもう一度確認

そこを踏まえた上で「いつも同じ」「時代に取り残される」のを防ぎたいときにはアクセントとして流行を少しだけプラスしてみる。

調整を行いながら ブランディングを行なっていく。このようなことに気をつけて広告作りを行なってみてはいかがでしょうか?

 


イメージをカタチに。
株式会社CHIHIRO GRAPHICS
お見積もり・お問い合わせはお気軽にどうぞ

 

広告という名の自己表現

広告は、自己表現と似ています。そのサービスをしっかり表現していくことが大切です。そこで広告を作る際に考えるべきポイントを少しだけご紹介いたします。

 

●前もって何を伝えたいのか考えておく
⇒それにより より具体的に広告を表現できるようになります

●文章だけで伝えようとしない
⇒言葉が多くなりすぎていませんか?言葉に沿った最適なビジュアルで表現しましょう。

●要点だけでも大丈夫!全てを伝えようとしない
⇒サービスについてあれもこれもと詰め込み過ぎてしまうもの。一度に全部伝えようとせず、足りないところはお問い合わせをいただきご説明をする

●相手のことを考える
⇒自分の言いたいことばかり詰め込まず 見ている相手がどう感じるかを考えながら制作しましょう

いかがだったでしょうか?よろしければご参考ください

 


イメージをカタチに。
株式会社CHIHIRO GRAPHICS
お見積もり・お問い合わせはお気軽にどうぞ