平和な日常になりますように

現在、ウクライナへロシアが侵略戦争を始めていますね。それによって西側諸国が経済制裁を発動しています。コロナでダメージをうけている日本経済も、この経済制裁でさらに追い討ちをかけてしまう恐れがあるでしょう。しかし、ロシアの侵略戦争を許すわけにはいきません。

そもそもどうしてこのようなことになってしまったのか。プーチン大統領がウクライナへのNATO加入を阻止するべく、侵略戦争を行ったというのが名目かと思いますが、いまいちそのゴールがよくわからないところではあります。ロシアがウクライナの政権を奪取し、傀儡政権を樹立したとしても、そのままウクライナ中に軍を派遣して制圧しつづけなければならず、莫大な費用が必要になってしまいます。

西側の経済制裁が解除されることもないでしょうし、そのようなことが可能なのかどうなのか。

いまのところ、譲歩する余地も見せないプーチン大統領。

最悪の結末にならないことを祈るばかりです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です